どんな時でも、人のぬくもりが伝わります・・・

商品説明 / 敷シート型・すっぽりタイプ

サイズ 【本体布】 寸法・・・180cm×75cm    重量・・・約1100g
【収納袋】 寸法・・・55cm×37cm     重量・・・約200g
色と材質 【グレー】 難燃強力布 ・ 放湿撥水性
【オレンジ】 難燃強力布
価格 【DVD付き本体】 定価¥38,000+消費税
★平成19年 徳島県発明工夫展・知事賞 受賞

敷シート型・すっぽりタイプの利便性

  1. これ1枚で3つの移動法?
    • 背負う・抱く・担架移動ができる
    • 担架には、棒を入れても入れなくても移動ができる
  2. 狭いところや上り下りは?
    • 背負う・抱くの方法で安心移動
    • 介護者の手が空くので、物に掴まることができる
  3. 寝たきりの人は?
    • 抱き上げたり、担架にしてラクに移動ができる
  4. ひとりで移動させる力がない?
    • ヘルプひもがあるから第三者に助けてもらえる
    • ヘルプ人数が多いほど、負担が軽くなる
  5. 保管は?
    • 畳めばランドセルより小さい
  6. 持出しは?
    • 収納袋はナップサック状なので、直ぐ背負って持ち出せる

使用例 / 敷シート型・すっぽりタイプ

●この敷シート1枚で、背負い・抱く・担架移動ができる!
背負う時は?

コツを覚えると、3秒くらいで背負えます。(立位の場合)

  • 背負う時、一気に背中を倒し、背中の上に相手を乗せた状態で、相手の太股を持ちズンズンと上へズリ上げる。
  • 相手の太股を腰骨の上へ乗せると、軽く感じ、相手は苦しくない。
  • 背の高い人を背負うときは、背負いひもを当てる位置を下目にすると重心が上がり足が引きずらない。
  • 寝たきりの人を背負う時は、第三者の介助を受けて下さい。
  • 背負う時は?1

    ・普段は、頭部側の布を下ろして背負う

  • 背負う時は?2

    ・頭部の保護(災害時や寒気は、頭部側の布を上げ帽子状にする)

    ・頭部緩衝効果
    (ポケットにオムツやタオルを入れておく)

  • 背負う時は?3

    ・重い時は、背面のヘルプひもで介助してもらう

抱っこする時は?

抱く時の背負いひも丈は、介助者の腕の長さに合わせるとラクです。

  • 寝たきりの人の移動が1人でもできる。
  • 背負いひもで吊る形なので、落としにくい。
  • 第三者の介助を受け易い。
  • 抱っこする時は?1
    【1人抱き】
    背負いヒモを肩に掛け、相手の首部と足を持ち上げる
    介護人60kg 相手53kg
  • 抱っこする時は?2
    【2人抱き】
    2人が背負いひもを肩に掛け、同時に抱き上げる
    ※相手の胸を胸固定ヒモで固定しておく
  • 抱っこする時は?3
    【1人抱きとヘルプ】
    1人抱きし、背面のヘルプひもを1~2人が肩に掛けヘルプする
    ※足もヘルプすると、より軽くなる
担架移動させる時は?
  • 両側の棒入れ部に棒を入れ担架にする。
  • 棒が無くてもヘルプひもや背負いひもで担ぐ(腕・肩)。
  • 介助人が多いほど、負担は軽い。
  • ひも類を肩や腕に掛けると落としにくい。
  • 担架移動させる時は?1

    棒入れし、2人以上が担ぐ。
    人数が多いほどラク。

  • 担架移動させる時は?2

    棒入れし、2人が担ぎ、1人は背負いひもを肩に掛けて持つ。

  • 担架移動させる時は?3

    棒入れし、1人が担ぎ、2人が背負いひもを肩に掛けて棒を持つ。

  • 担架移動させる時は?4

    棒無しで、1人はヘルプひもを手に掛け、2人は背負いひもを肩に掛けてヘルプひもを持つ。

お問い合わせ

開発中の商品もあります!
商品についてのご質問等は、お気軽にお問い合わせ下さい。

TEL/0885-38-6761 FAX/0885-38-6762
  • 介護や防災に役立つ背負いや抱っこの補助具 ちょいぱ
  • 敷シート型・すっぽりタイプ
  • ベスト型・介護タイプ
  • ちょいぱのご試用・ご購入に際して
  • ご試用・ご購入の注文用紙はこちら
  • ご試用・ご購入のお客様の声
ひらやま企画
〒773-0022
徳島県小松島市大林町
      蛭子免52-5
TEL/0885-38-6761
FAX/0885-38-6762